少年の詩

f:id:hynm_yokoyama:20161017091908j:plain

「俺達ァ健康優良不良少年だぜ」

 とは主人公の金田の言い放ったセリフだ。いわずとしれた近未来SF漫画の金字塔、大友克洋AKIRAである。

 間違いなく僕が最も繰り返し読んだマンガである。ストーリーや展開、場面やセリフなんかも結構覚えているが、何回読んでもやっぱり飽きない面白さがある。

 

 小学生から現在まで、多くはないけどその時々買ってきた。

 ちょっと挙げてみると、ドラゴンボールなんかの格闘冒険ものに始まり、スラムダンクとかのスポ魂、それからろくでなしブルースのような不良もの、ギャンブル系ではアカギや金と銀、ちょっとはみ出たところで松本大洋ガロ系漫画、ワンピース、最近ではちはやふるという少女漫画(ちょっと恥ずかしい)だったりである。普通の男のまったき王道であるようにおもう、最後の少女漫画を除けばだが。

 さて、そのどれももう売ったりあげたりして現在の書棚にはない。引越しを超えて付き合いのあったものもない。15年を超えて手元に置き続けてきたマンガは唯一AKIRAだけなのである。

 ところで「無人島にマンガを何か一作品だけ持っていくとしたら?」 

 なんていう定番の質問をされたら、僕は当然迷うことなく『こち亀』を選んでしまう。だって一冊に役に立ちそうにない情報量がぎゅうぎゅうに押し込めてあるから退屈しないぜ。だけど、気持ちの上ではやっぱりAKIRAだ。

 

 僕がAKIRAを購入したのはもう随分前のことだ。18歳か19歳の学生の頃である。漫画本では珍しい巨大な大型本で、一冊大体、千円から千二百円くらいする。装丁などは実に凝っていて派手派手しい。毒々しい。ケミケミしい。デカイから重い。まとめて買うのは当時の財政事情のなかでは厳しく、これを買ったら次の巻はバイト代が入ってからにしようと決め込んだのだが、結局一、二日のうちにすべて買ってしまった。こりゃ今月ずっと袋ラーメンだな、と覚悟するようだったのでよく憶えている。

 全体を把握するのが大変なほどのスケールの大きい生命体規模のシステムや、人間の禍々しいまでの欲望や感情の拠り所を的確に捉えた近未来像、未来そのものへの予感、またそれらを編み上げて進められる圧倒的カタストロフィーと選択可能な希望的進化と再生、それを支える緻密な作画や過激な描写、漫画的技法、そこら中に登場するごてごてした機械や乗り物、ドラッグ思考の攪拌幻想、サイバーパンク、忘れられない捨て鉢なまでの会話、ユニークで突飛なキャラクターの数々……。

 18、19歳の知識欲旺盛ではあるけど、あらゆることに経験と耐性のない僕には一度読み始めたらやめられない多様な中毒性があった。

 読み終えた後、本を放り出してゴロンと寝転がる。色々考えさせられる内容ではあったけど、徐々に輪郭を持って心に浮き上がってくるのは、単純なものであった。それは昨日テレビで見た鉄板のうえでジュウジュウ焼かれた分厚いステーキ、肉本来の旨味を堪能するため塩コショウだけのシンプルな味付けで…。

 違ったそうじゃない。袋ラーメンばっかり食べていたせいで思わず気持ちがそっちに引っ張られてしまった。

 話を戻そう。心に残るのは単純で、金田と鉄男の友情が泣けるぜ、というものだった。結局、僕の根本的な世界を把握する感覚は死ぬまで少年ジャンプから抜け出せないのである。ただそう的外れでもないように思うのだ。

 全体構造の芯となっているのは、システム、運命に抗って貫かれる金田と鉄男の少年性だ。その少年性とは正直さ、頑固さ、などのポジティブな面と欲望、嫉妬、挫折といったネガティブな面の両方があっけらかんと晒け出される溌剌として純粋な単純さからくるすべての少年が生まれながらにして持つ爽やかな善の来し方である。そうなのだ、これは少年ジャンプそのものなのである。世界がどんなに複雑で厄介なものになろうとも、正しいと感じる何かを真っ直ぐすべての物事に貫き通す、あるいは貫き通そうと奮闘する。仲間だった二人はあるきっかけから袂を別ってしまったが、根本にあるのはそんな原初的姿勢をまっとうする金田と鉄男のスパークする生の奏でる健康優良アナーキーな"少年の詩"なのである。

 

 ここまできて、読んだことのないひとは「?」がぽわんと浮かぶだろう。”あの〜、アキラって出てこないんですか?”と。

 説明するのが大変なので、気になった人は読んでみてください。面白いことは僕の15年が保証済みだ。

 そういえば「無人島に…」で真っ先に挙げたこち亀両さんも少年のままおっさんにまでなってしまった代表格のような人物だ。

 

2015.8.16記