読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛の武力行使、30DAYS

f:id:hynm_yokoyama:20160519072506j:plain

 僕は蚊が嫌いである。

 というと好きな人なんかいないでしょー、阿保ー。という人があるだろうが、僕が蚊を嫌いという理由は、あかく腫れるから、痒いからなどという一般平凡ないわばフィジカル面の事ではなく、メンタルの部分であり、かつモラル倫理の問題といってもよく、恩を仇で返すというか、御恩と暴行というか、裏切り、ギブアンドテイクの破綻を憂うものであり、なんらそのそしりをうけるものではない。

 はっきり言うて、たかだか体長5mm程度のモスキートが血を激烈にちゅるちゅる吸い上げたからといって、肉体に何の変容も害もなし、実際昨晩、転んでアタマから血液が噴出していたけど生きてあるし、むしろその流れ出た血でモスキートを溺死させることすら可能、それくらい両者の根本的力量は明白、が何故僕がそんな事を実際にはやらないかといえば、彼らモスキーツにしても享楽、遊興、つまり快楽、悦楽を貪るということではなく、生きるが為であり、それは僕が、魚類を激烈に練り込んで筒状にして焼いた竹輪を食べつつ、蕎麦をちゅるちゅるすすることと相違ないという事が理解できるからで、食し生きるという行為は全的に正当な権利なのである。

 では何故、嫌悪しているかといえば、痒くするからである。というとさっき痒いのは構わんと言っていたでしょう〜、というせっかちな人があるから、すぐに言うと痒くするというお釣り、というか態度、その性根が気に入らぬのである。

 さっきも述べたようにこちらとしては血液などたぷたぷにくれてやる気でいるのに、主に夜半、眠りにつけそうでいい具合の頃を見計らったように耳元を飛び回って非常に人をして小馬鹿にしたようなサウンドで飛翔、おちょくった挙句、吸い終わると御馳走様でした〜、とか、ありがと〜、とかも言わぬ合コン慣れしたOLのような態度の上、恩を仇で返すようにして痒みと腫れを残すその心の有り様が嫌いなのである。

 本来であれば深い眠りへと誘うような優しいイージーリスニング、これを奏で接近、血を馳走になった後は、気持ちよい感じの感覚を当該箇所に残し、あら、肌ええ感じにツルツルやん、くらいにして去る、立つ鳥跡を濁さずみたいのが常識、がモスキートの所業はというと、ご存知の通りでそれは例えばアンパンマンの世界にまで広がるととんでもないことになるので書いてみるが、アンパンマンは見かけで人を判断するような事はせぬから、頭髪は全て逆立て、トゲの仰山ついた首まわりには獣のファーがついてあるようなノースリーブの革ジャンを着、チェーンなどを腰に巻いている北斗の拳にでてくるような悪羅漢に対しても、決して差別したりせず、そのような格好の人が路傍で腹が減って困っていた場合、いつものように自らの頭部を犠牲にし他者を救う献身を見せるのは間違いなく、しかしその悪羅漢といえば、元気になった途端、頭突き、だけには留まらずニードロップという暴挙、しかしアンパンマンとて暴力を否定せずいつだって必要とあらばそれを行使するのを躊躇せぬから、アーンパーンチ!といって抵抗、が軽く叩かれてスルー、「なめんなコラ、パン」と罵倒されカウンター、メリケンサックを握った拳で殴られ負傷、重傷、アンパンマンというのは頭部がパンで出来ているから、基本柔らか、当然、鼻や耳などからあんこがところてん式に放りでるだろうし、がそれだけには留まらず、マントなど衣服を略奪された上、市中をバイクで引きずり回わされ、ヒャッハーなどという高らかな咆哮を薄れてゆく意識の中で聞くというようなことになる。

 ヒーローとして立ち直ることはおよそ不可能であろう。

 それを見たジャムおじさんは卒倒、二度とパンなど焼かぬだろうし、女性である上、気の弱いバタコさんに至っては長期間の引きこもり確実、しかし歳若く再就職、がショックのあまりベーカリー界復帰は望まず、漬物業界に鞍替え、となるとバタコというキラキラネームは場違いですよねという事で改名、で、糠代、になる事は違いないという未来は誰の目にも明らかで、アンパンマンという世界そのものの瓦解、崩壊、しかしもっとも損をするのはバイキンマンであり、なぜかというと北斗の拳的悪羅漢の登場により、バイキンマンなどむしろ全然善じゃん、という事態になりかねないし、ドキンちゃんなどはもはや恋愛対象にすらなりうるくらい悪ランクは下がり、立ち位置混迷、悪役枠でのオファーはなくなる。モスキートの行いははっきり言ってそういう事態の可能性を内包しているのである。

 という事でたくさんの人が困るのでやむなく愛の武力行使、アースノーマット30DAYSを購入、殲滅した。

 まだ4月のことである。