あかる暗室教室

f:id:hynm_yokoyama:20170623065539j:plain

 

f:id:hynm_yokoyama:20170623065317j:plain

『モノクロプリント体験コース』

写真プリントの原点ともいえるモノクロ手焼きプリントをやってみよう。

本コースではモノクロプリントの原理を簡単に解説した後、実際に暗室に入ってプリントをします。

デジタルカメラ全盛期のいま、フィルムから印画紙にプリントするという写真の原点、"写真は光によって出来ている"ということを体験することはとても価値のある事です。

自分で焼いたプリントは格別です。貴重な経験となるでしょう。

こちらのコースは初級者向けのものですので、初めての方でももちろん大丈夫です。

また、何度かプリントの経験があり、焼き込み、覆い焼きなどに挑戦したい方にもオススメです。

少しでも興味のある方はお気軽にお申込下さい。

 

【 概要 】

会場:Darkroom Main(ダークルーム メイン)

会場住所:〒600-8028 京都市下京区寺町松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F

日程:2017年 7月8日(土)10:00〜12:30 / 7月9日(日)15:00〜17:30

参加費用:3,000円(六つ切り印画紙、薬品代込)

定員:6名 

ご用意頂く物:モノクロネガ(カラーネガも可)、汚れても良いエプロン、手を拭くタオル

講師:gallery Main 中澤有基 、写真家 横山隆平

運営:CITY RAT press.

【 お申込方法 】

件名を「モノクロプリント体験コース申込」として本文に希望日時、お名前、電話番号、メールアドレスをご記入の上、

school@cityrat-press.tokyoまで送信してください。

メール受信後3日以内に、受付完了の返信を致します。

【 お問い合わせ 】

分からない事、ご質問などがありましたら、school@cityrat-press.tokyoまでお気軽にお問い合わせ下さい。

f:id:hynm_yokoyama:20170605073243j:plain

『サイアノタイプ(日光写真)体験コース』

古典技法・サイアノタイプを体験しましょう。

太陽光を用いて印画するサイアノタイプををご存知でしょうか?

サイアノタイプは光の明暗を青色の濃淡で表現するため、青写真とも呼ばれている写真の古典技術です。屋外の明るい太陽の下で作るプリントは、銀塩フィルムを使用した暗室作業とはまた一風違った写真の原理に立ち返ることができます。

デジタルカメラしか使ったことがないという方はもちろん、普段フィルムを使用している方、暗室体験のある方、どなたでも新しい発見のある写真体験となるはずです。

どうぞお気軽にお申込下さい。

【 概要 】

会場:Darkroom Main(ダークルーム メイン)

会場住所:〒600-8028 京都市下京区寺町松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F

日程:2017年 7月8日(土)13:00〜15:00

参加費用:3,000円(印画紙、薬品代込) 

定員:6名 

ご用意頂く物:汚れても良いエプロン、手を拭くタオル、フォトグラムのモチーフとして使用したい小物類、日焼け対策の衣類等

講師:写真家 溝縁真子 http://www.makomizobuchi.com

運営:CITY RAT press.

【 お申込方法 】

件名を「サイアノタイプ体験コース申込」として本文にお名前、電話番号、メールアドレスをご記入の上、

school@cityrat-press.tokyoまで送信してください。

メール受信後3日以内に、受付完了の返信を致します。

【 お問い合わせ 】

分からない事、ご質問などがありましたら、school@cityrat-press.tokyoまでお気軽にお問い合わせ下さい。

往復書簡第二弾

f:id:hynm_yokoyama:20170506080025j:plain

CITYRAT press PRESS特別企画『写真家は写真についての言葉について語らなくてはならない』
二人の若き写真家がメールでのやりとりを通じて写真について考え問い、少しづつ言語化していく──。
往復書簡第二弾、第四回『写真家はもっと自分の写真を責任を持って発表しなければならない』公開。

 

http://www.cityrat-press.tokyo/correspondence/

GRAFFITI ARCHIVE

f:id:hynm_yokoyama:20170619071920j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.222

f:id:hynm_yokoyama:20170619071949j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.221

f:id:hynm_yokoyama:20170619072017j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.220

f:id:hynm_yokoyama:20170619072050j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.219

f:id:hynm_yokoyama:20170619072115j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.218

f:id:hynm_yokoyama:20170619072140j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.217

往復書簡

f:id:hynm_yokoyama:20170506080025j:plain

CITYRAT press PRESS特別企画『写真家は写真についての言葉について語らなくてはならない』
二人の若き写真家がメールでのやりとりを通じて写真について考え問い、少しづつ言語化していく──。

往復書簡第二弾、第三回『デジタルというもの』公開。

 

http://www.cityrat-press.tokyo/correspondence/

GRAFFITI ARCHIVE

f:id:hynm_yokoyama:20170606130859j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.215

 

f:id:hynm_yokoyama:20170606131040j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / KIDULT / No.214

f:id:hynm_yokoyama:20170606131106j:plain

Shibuya , Tokyo. 2017 / unknown / No.213

あかるい暗室教室

f:id:hynm_yokoyama:20170605073243j:plain

『サイアノタイプ(日光写真)体験コース』

古典技法・サイアノタイプを体験しましょう。

太陽光を用いて印画するサイアノタイプををご存知でしょうか?

サイアノタイプは光の明暗を青色の濃淡で表現するため、青写真とも呼ばれている写真の古典技術です。屋外の明るい太陽の下で作るプリントは、銀塩フィルムを使用した暗室作業とはまた一風違った写真の原理に立ち返ることができます。

デジタルカメラしか使ったことがないという方はもちろん、普段フィルムを使用している方、暗室体験のある方、どなたでも新しい発見のある写真体験となるはずです。

どうぞお気軽にお申込下さい。

【 概要 】

会場:Darkroom Main(ダークルーム メイン)

会場住所:〒600-8028 京都市下京区寺町松原下ル 植松町731-1 小林ビル2F

日程:2017年 6月11(日) 13時〜15時 *雨天の場合は中止になります

参加費用:3,000円(印画紙、薬品代込) 

定員:8名 

ご用意頂く物:汚れても良いエプロン、手を拭くタオル、フォトグラムのモチーフとして使用したい小物類、日焼け対策の衣類等

講師:写真家 溝縁真子 http://www.makomizobuchi.com

運営:CITY RAT press.

協力:gallery Main

【 お申込方法 】

件名を「サイアノタイプ体験コース申込」として本文にお名前、電話番号、メールアドレスをご記入の上、

school@cityrat-press.tokyoまで送信してください。

メール受信後3日以内に、受付完了の返信を致します。

【 お問い合わせ 】

分からない事、ご質問などがありましたら、school@cityrat-press.tokyoまでお気軽にお問い合わせ下さい。

 

オフィシャルサイト

https://brightdarkroom.themedia.jp

GRAFFITI ARCHIVE

f:id:hynm_yokoyama:20170601083710j:plain

Sangenjaya , Tokyo. 2015 / unknown / No.016

 

f:id:hynm_yokoyama:20170601083737j:plain

Shibuya , Tokyo. 2015 / 281_Anti nuke / No.017

f:id:hynm_yokoyama:20170601083800j:plain

Nakameguro , Tokyo. 2015 / unknown / No.015